AIで特許明細書を自動作成できるツール「Specifio」を使ってみた

知財・特許業界においても、AIの利用可能性が取りざたされており、皆様の多くも関心を持たれている領域なのではないかと推測します。そんななかで、今回は2017年にリリースされたアメリカの特許出願書類自動作成ツール「Specifio」をご紹介したいと思います。当社出願を使ってのデモも行いましたので、ぜひ結果をご覧ください!

記事を見る


こちらの記事もおすすめ

【1時間2,000ドル!?】米国の特許弁護士、費用相場はいくらなのか?

2019-06-18

米国の弁護士費用について、タイムチャージに着目して調べてみました。

マイスター・グループのスポンサー車が出走しました ― 鈴鹿サーキットS耐観戦記

2019-04-09

ピレリスーパー耐久シリーズ(通称「S耐」)2019の開幕戦の応援のため、三重県・鈴鹿サーキットまで行ってきました。

中国・広州のベンチャー企業を訪問しました!

2019-01-16

2018年12月に広州市を訪問しました。技術力とアイデアで勝負するベンチャー企業を紹介します!

貿易戦争と特許 ― アメリカVS日本、そして中国

2018-11-20

アメリカと中国が対立を深め、「米中貿易戦争」が勃発しています。貿易摩擦が特許・知的財産政策にもたらす影響を、当時の事件もふまえながら紹介していきます。

南アフリカの知財制度の最新情報―David Cochrane弁護士

2018-10-26

2018年10月25日(木)、南アフリカから来日されているSpoor&Fisher事務所のDavid Cochrane(デビッド・コクラン)弁護士にご来社いただきました!

お問い合わせ

特許調査や外国出願権利化サポートに関するお見積のご依頼、
当社の事業内容についてのお問い合わせなどございましたら、
お気軽にご相談ください。

よく読まれている記事

タグ一覧

サイトマップ