ロジック・マイスターは貴社のこんなお悩みを解決します

特許調査を自社でやるには人手も時間も足りない・・・

知財部門や設計開発の経験豊富なスタッフが、調査業務を正確かつスピーディに完了させます。

外国での出願や訴訟について分かる人が社内にいない・・・

海外各国特許弁護士との強力なネットワークを武器に、外国出願戦略のご提案から訴訟対応までスムーズに実現します。

ロジック・マイスターが解決する3つの課題

国内・外国特許調査

サービスイメージ1

国内外の特許技術情報網を探索し、出願前調査・侵害予防調査・無効資料調査・パテントマップ作成といった様々なかたちで、お客様が必要とする情報をご提供するサービスです。英語・中国語の外国特許調査も可能です。

豊富な経験と能力を有する当社調査スタッフが特許検索システムを駆使し、的確かつ迅速に調査してご報告します。

詳細はこちら

外国出願権利化サポート

サービスイメージ2

世界各地の特許・法律事務所との間で築きあげた信頼関係とネットワークを駆使し、外国で権利化をめざす貴社の知的財産を総合的にサポートします。

ISO27001認証済みのテレビ会議システムを導入し、現地事務所と素早く綿密にコミュニケーションを取りながら業務を遂行しています。

詳細はこちら

特許運用・知的財産戦略
構築サポート

サービスイメージ3

自社特許をより有効に活用したいとお考えの企業様のために、知的財産戦略構築のお手伝いをさせていただきます。

当社には特許を運用しマネタイズを成功させてきた実績、また国内外のライセンス特許交渉や訴訟などの経験に基づく実践的なノウハウがあります。

詳細はこちら

特許調査サービス

◆ 出願前調査

 特許出願の前に、似ているアイデアが先に出願されていないか調査します。

 

 ◆ 侵害予防調査

 開発・製造している製品に近い内容の他社特許が存在しないか調査し、侵害リスクを予防します。

 

 ◆ 無効資料調査

 事業上障害となりうる他社の特許権を無効化できる可能性のある文献を抽出します。

 

◆ SDI調査 / パテントマップ作成

定期的に特許情報を収集し、各分野の最新技術動向やライバル企業の研究開発状況を把握します。

パテントマップ作成も対応可能です。

 

◆ 商標調査 / 意匠調査

 特許以外にも、商標や意匠の調査も承っております。

特許調査の流れ

 

◆ お問い合わせとヒアリング

まずはご依頼内容をお問い合わせフォームからお伝えください。続いて、お客様のご要望をより正確に理解するためにヒアリングをさせていただきます。調査目的や調査対象、また予算規模や調査成果の用途などを事前にご共有いただくことで、その後の調査業務にスムーズに移ることができます。

 

 ◆ お見積りと予備調査

 特許分類やキーワードを用いて検索式を試作し、データベースから調査対象と内容の合致する特許文献群を絞り込みます。調査費用のお見積りと検索式だけでなく、検討過程をまとめた「予備調査報告書」もご提供し、検索式の段階ごとに妥当性をチェックしていただけるようにしています。

 

 ◆ 正式ご依頼から納品まで

 検索式と調査費用、納期等についてご了承いただきましたら、調査を開始します。調査対象技術との関連度別に文献をランク付けし、関連性の高いものをピックアップ。報告資料は見やすさを重視し、要点をまとめたPDFおよびExcelの公報リストを提出させていただきます。

 

◆ 納期について

 標準的な調査の場合(日本語公報1,000件以下程度)、3~4週間とさせていただいております。調査期間は調査ボリューム・技術内容等によって変動しますが、短納期のご相談にもできる限り対応させていただきます。

 

◆ 依頼方法

はじめて特許調査を依頼するという方は、ぜひ以下の記事もご覧ください。

どんな手順で依頼すればいいか、どんな調査会社が合っているかなど、調査会社を利用する際のポイントをまとめています。

 

特許調査のご依頼や、より詳しい情報をお求めの方は、

ぜひお気軽に以下からお問い合わせください。

調査報告書のサンプルは、以下からダウンロードできます。

主な調査分野

年間約600件の特許調査をご依頼いただいています。
以下の分野以外についても幅広くご要望にお応えできますので、ぜひお気軽にお問い合わせください!

調査打ち合わせをオンラインで

特許調査のご相談から納品まで、すべてオンラインで完結できる体制を備えています。

在宅勤務でも調査スタッフが滞りなく業務に従事でき、お客様ともスピーディにやり取りができる環境を整備。

日本全国、さらには全世界のお客様に弊社サービスをご利用いただくことができるだけでなく、各国の弁護士・代理人と繋いでのミーティングも可能です。

オンライン会議とチャットツールをフル活用することで、より利便性の高いサービスをご提供いたします。

 

使用可能ツール:

web会議

Zoom, Skype, Google Meet, Whereby, WebEx, Microsoft Teams  等

チャット

Slack, Chatwork 等

調査サブスクリプション・サービス

 

「 調査サブスクリプション 」サービスは、月額制で、月ごとに決められた作業時間まで、何回でも調査を依頼できるサービスです!

出願前調査や、さまざまな調査関連業務(特許リストのノイズ除去、検索式立案、特許説明資料・要約の作成など)でご利用いただくことができます。

特許調査を1件ずつ依頼するよりもリーズナブルな料金でご利用いただけるサービスとなっています。

 

サービス詳細は、下記ページからご確認いただけます。


外国出願権利化サポート

 

世界各地の特許弁護士事務所とWeb会議でコミュニケーション。

出願から審査手続き、訴訟への対応までストレスなく対応可能な体制を構築しています。

特許運用・知的財産戦略構築サポート

 

特許運用サポートを手掛けるMEISTER TECH ALLIANCES社と連携し、

お客様が過去に取得したものの活用されていない特許(休眠特許)の運用方法・活用先をご提案します。

また当社では、これまでに以下の企業とやり取りを行っています。

 

Dominion Harbor Group LLC
IP Valuation Partners LLC
Acceleration Bay LLC

Virtual Gaming Technologies LLC

Empire IP

Blackbird Technologies

WiLAN Technologies Inc

PanOptis LLC

Apple Inc

特許翻訳・通訳サービス

 

特許明細書や訴訟関連ドキュメント等について、世界の主要言語と日本語との間の特許翻訳サービスをご提供しています。

また、中国語↔日本語のビジネス・知財関係通訳も承っております。対面・オンラインのどちらでも可能です。

 

自社特許も出願しています

ロジック・マイスターでは自ら発明・特許出願も行っています。
自社発明について特許調査を実施し、新規性や進歩性があると判断したものは国内・海外で積極的に出願しています。

刻々と変化する各国特許庁の審査基準のもとで、審査官の判断にどのような傾向があるか、また変化しているかどうかを把握。

こうすることで審査手続きノウハウの蓄積、特許調査スキルの精緻化、そして最先端技術の知識摂取に努めています。

これまでに当社で出願した特許の登録率は80%を超えており(2020年現在)、特にゲーム関連技術、さらにはUI関連技術など、ソフトウェア特許の調査・発明発掘スキルには自信を持っています。

当社登録特許(例)

日本:
・特許第6286471号
・特許第6204324号
・特許第5852081号

米国:
・US 9,925,467
・US 9,846,453
・US 9,730,181

会社案内資料(PDF)は、以下からダウンロードできます。

お問い合わせ

特許調査や外国出願権利化サポートに関するお見積のご依頼、
当社の事業内容についてのお問い合わせなどございましたら、
お気軽にご相談ください。