情報セキュリティ方針

 

 

当社は、国内外の特許・実用新案・意匠・商標の産業財産及びそれ以外の知的財産に関する情報を扱う企業として、顧客及び社内情報に対する適切な管理を重要な経営課題として認識し、情報セキュリティを確保するための基本方針を定め、全社を挙げて取り組みます。

なお、情報セキュリティ方針を具体的に展開させるために、ISMS の目的を設定するための枠組みを以下に示します。

 

  1. 当社の業務実態に見合ったISMS を運用するために、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)関連文書を作成し、情報セキュリティの確保に取り組みます。
     
  2. ISMS の運用にあたっては、適用を受ける法令・規制を遵守し、顧客の要求事項、契約上のセキュリティ義務を考慮します。
     
  3. ISMS のしくみをよりいっそう戦略的に活用するために、技術の進歩等で当社のセキュリティ環境が陳腐化しないよう、情報セキュリティリスクアセスメントを通じISMS の見直しを定期的に行います。
     
  4. 当社は、知的財産に関するサービス企業として、情報資産の機密性、データが揃っていて欠陥や不整合がない完全性および、システムが継続して稼働する可用性に対する脅威から情報資産を確実に保護するため、適切な管理策を講じます。
     
  5. 当社のISMS の適用範囲内の従業者に対し、ISMS における自らの役割・責任、ISMS の重要性、及び要求事項に適合しない場合に想定される結果について周知します。

 

2016 年5 月11 日

株式会社ロジック・マイスター

代表取締役 松本美司

 


 

弊社大阪オフィスは、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)に関する国際認証規格である「ISO27001」の認証を取得致しました。

 

IS 655304 / ISO 27001

 

今後も知的財産に関する情報を扱う企業として、適切な情報管理を重要な課題として認識し、情報セキュリティを確保するため、全社を挙げて取り組みます。