Original

ひと目でわかる!米国特許年金の金額・期限【2018年最新版】

特許権を取得した後、権利維持のために支払う必要がある特許年金。

米国における特許年金制度は、日本と異なっている点も多いことをご存知でしょうか。

2018年に入って各種庁費用の改定が行われたこともあり、これを機に現状はどのようになっているかを見ていきたいと思います。


米国の特許年金制度について―期間と金額

まずは、現在の特許年金納付の期間や金額がどのようになっているかを表で確認してみましょう。

特許維持年金

(Patent Maintenance Fees)

納付期間
金額
(庁費用)
1回目
登録日から3年~3.5年
$1,600
2回目
登録日から7年~7.5年
$3,600
3回目(満了まで)
登録日から11年~11.5年
$7,400

※本記事は2018/5/1時点の情報を元にして作成しています。
最新情報はUSPTO(米国特許商標庁)サイトに記載されていますので、あわせてご確認ください。

※上記は簡略化のため小規模団体(Small Entity, Micro Entity)については省略しています。


米国特許年金に関する注意点

この表をご覧いただくにあたって、いくつか注意が必要なポイントがあります。


1. 年金納付は決められた期間内に

表のとおり、米国では最大で3回、特許年金納付のタイミングがあります。

このタイミングは、登録日を基準にして決定されます。

たとえば登録日が2018年4月1日の特許の場合、納付のタイミングはどうなるかというと…


1回目:2021年4月1日~2021年10月1日

2回目:2025年4月1日~2025年10月1日

3回目:2029年4月1日~2029年10月1日

※曜日、米国祝日等は考慮していません。


このように、権利維持のためには指定された期間内に年金を納付する必要があります。

なお、年金納付を前倒ししたり、一括して納付したりすることはできません

また、日本と違い「1年につきいくら」という計算方法ではないことにも注意が必要です。

※日本の特許年金制度については特許庁サイトをご確認ください。


2. 納付期限を過ぎてしまった場合の猶予期間

先ほどの期間に納付しなかった場合でも、その後さらに6ヶ月以内であれば、追加料金(Surcharge)として1回 $160を支払うことで、年金納付ができます。

このことをふまえると、実質的には登録日から4年、8年、12年という期日までに納付すればよいと考えることもできます(制度としてはこちらの考え方が本来的なようです)。


3. 猶予期間も過ぎてしまった場合の対応-特許権の復活制度

それでは、上記の期間内に年金納付がなされなければ、特許権は消滅するしかないのでしょうか。

米国では、特許の「復活」と呼ばれる制度があります。

どういうことかというと、年金の納付期間を過ぎてしまった特許について権利回復申請(Petition)を行い、これが認められれば特許権を復活させることができるのです。

その際にかかる費用は以下の通りとなっています。

・申請費用 $2,000 (2018/1/16 料金改定)

・年金未納額(申請が認められた場合)

この申請が認められるための条件として、年金未納が「故意でない」(Unintentional)ものである必要があります。

また、申請に期限はありません。特許権自体の存続期間(出願から20年)以内であれば、いつでも申請することが可能となっています。


まとめ

米国の特許年金制度の概要について、ご理解いただけましたでしょうか。

年金未納のまま放置していたけれど、後からやはり必要になったという特許を復活させる手続きも、米国では比較的シンプルに行うことができます。

この機会にぜひ、自社の過去保有特許を見直してみることをおすすめします!

​​​​​​​



◆こちらの記事もおすすめ

中国の特許年金制度―ひと目でわかる金額・期限【2018年最新版】

]




ロジック・マイスター 編集部

ロジック・マイスター 編集部

ロジック・マイスター編集メンバーが、特許・知的財産に関わる皆様のために様々な切り口からお役立ち情報を紹介します!

お問い合わせ

特許調査や外国出願権利化サポートに関するお見積のご依頼、
当社の事業内容についてのお問い合わせなどございましたら、
お気軽にご相談ください。

こちらの記事もおすすめ

中国の特許年金制度―ひと目でわかる金額・期限【2018年最新版】

2018-07-26

日本とは異なる点も多い中国の特許年金制度について、情報をまとめました。

AIで特許明細書を自動作成できるツール「Specifio」を使ってみた

2018-07-19

知財・特許業界においても、AIの利用可能性が取りざたされており、皆様の多くも関心を持たれている領域なのではないかと推測します。そんななかで、今回は2017年にリリースされたアメリカの特許出願書類自動作成ツール「Specifio」をご紹介したいと思います。当社出願を使ってのデモも行いましたので、ぜひ結果をご覧ください!

【事例あり】PPH(特許審査ハイウェイ)で外国出願するメリット・デメリットとは?

2018-06-29

複数の国で特許出願するPPH(特許審査ハイウェイ)という制度について、概要やメリット・デメリット、さらに「実際のところどれくらい役に立つのか?」をお伝えしていきます!

ホンダ初代知的財産部長が語る、武器としての知財の使い方―『知財スペシャリストが伝授する交渉術 喧嘩の作法』【知財書籍紹介】

2018-06-12

今回は知的財産に関する書籍のなかから、ホンダで初代・知的財産部長を務めた久慈直登さんの著書を取り上げます。知財担当者だけでなく企業経営者の方々にもおすすめ。

よく読まれている記事

タグ一覧

サイトマップ