Original

最先端を走る中国ベンチャー企業群を訪問しました!

4月22日~27日、SBZL IP LAW FIRM(北京商专永信知识产权代理事务所)の靳満堂先生のお招きにより、中国のベンチャー企業を訪問させていただきました!

(今回の訪問は、SBZL事務所にもこちらでご紹介いただきました)

天津市の水中探査機器メーカー「深之蓝」

初日、まずは北京から車で2時間ほど走り、天津市へと向かいました。

最初に訪問したのは水中探査機器のメーカー、「深之蓝」(天津深之蓝海洋设备科技有限公司)、英語で「ディープブルー」という社名を持つ企業です。

海洋資源探査、そして海洋環境モニタリングをテーマに掲げ、米国・ヨーロッパ・オーストラリア・日本など世界市場に向けて、自律型無人潜水機(AUV)や遠隔操作型無人潜水機(ROV)などを製造販売しているとのことでした。

スポーツ科学からVRまで、モーションキャプチャー技術を武器に活躍する「NOITOM」

私たちロジック・マイスターが得意とするソフトウェアの領域では、「NOITOM」(北京诺亦腾科技有限公司。ブランド名は「MOTION」の逆読み)という企業に出会うことができました。

ここで開発されているモーションキャプチャー技術は、中国が国家レベルで推進しているスポーツ科学にも取り入れられ、NOITOMはまだ設立6年目のベンチャー企業ながら急成長を遂げています。

また今回、NOITOMが開発した「PROJECT ALICE」というVR製品も体験させていただき、モーションキャプチャー技術を駆使したリアルな空間表現力の高さを実感しました。
たとえば組み立てた自動車のエンジンをバラバラにしてみせるなど、VR空間を教育といった分野に活用するいろいろなアイデアが考えられているようでした。

中国の医薬品・バイオ企業も急成長

その他、私たちは数社の医薬品メーカーにも訪れました。

北京市内には「大兴区亦庄バイオメディカルパーク・インキュベーションセンター」や「昌平区中关村ライフサイエンスパーク」といった、医薬や生命科学を専門に扱う企業が集中するエリアが複数設けられています。

その中でも今回は「北京康达行健科技发展公司」「万全グループ」「拜西欧斯生物技术有限公司」といったメーカーにお邪魔し、日本と中国の医薬品に関する特許制度の違いなどについて話し合いました。

日本から技術を導入している企業や、ジェネリック医薬品を製造する企業など様々でしたが、どの企業でも多くの若い研究者たちが活躍している姿が印象的でした。

中国で唯一の知財判例データベース「IP HOUSE」

最後に、知的財産関連の裁判例に関するデータベースを作成しているIP HOUSE(北京知产宝网络科技发展有限公司)という企業にも訪問しました。

知財判例に特化したデータベースとしてはIP HOUSEが中国唯一のものということで、日本の企業や官公庁でもこちらのサービスや報告データの利用実績があるそうです。

また興味深い話として、中国では各地の裁判所に過去の膨大な裁判記録がまだまだデータ化されないまま残っており、裁判所も日々の業務の忙しさからなかなかその情報にまで手をつけられていないそうです。
そのため、同じような事件を隣同士の省で扱っていても、裁判官がお互いに情報共有できていないために全く違う結論を出してしまうようなことも往々にして発生します。

そこでデータベース作成企業は、裁判官にとって役立つ情報を提供する代わりに過去の資料の提出を催促するといった手も使いながら、データベースの構築を進めることもあるということでした。

今回ロジック・マイスターは、SBZL知財事務所のお二人に中国企業のご紹介、訪問のサポートなどご尽力いただきました。

靳満堂 弁理士

阴亮 弁理士

また今回、以下の皆様とともに中国企業訪問を行いました。

アンドリュー・ウィーバー弁護士:Polsinelli法律事務所(米国)
金仁漢 弁理士:YOUME特許法人(韓国)
木村和史 氏:梶・須原特許事務所(日本)
備後元晴 弁理士:BINGO特許事務所(日本)

今後も当社では海外代理人とのネットワークを強化し、国内外の情報収集につとめてまいります。

ロジック・マイスター 編集部

ロジック・マイスター 編集部

ロジック・マイスター編集メンバーが、特許・知的財産に関わる皆様のために様々な切り口からお役立ち情報を紹介します!

こちらの記事もおすすめ

AIで特許明細書を自動作成できるツール「Specifio」を使ってみた

2018-07-19

知財・特許業界においても、AIの利用可能性が取りざたされており、皆様の多くも関心を持たれている領域なのではないかと推測します。そんななかで、今回は2017年にリリースされたアメリカの特許出願書類自動作成ツール「Specifio」をご紹介したいと思います。当社出願を使ってのデモも行いましたので、ぜひ結果をご覧ください!

【事例あり】PPH(特許審査ハイウェイ)で外国出願するメリット・デメリットとは?

2018-06-29

複数の国で特許出願するPPH(特許審査ハイウェイ)という制度について、概要やメリット・デメリット、さらに「実際のところどれくらい役に立つのか?」をお伝えしていきます!

ホンダ初代知的財産部長が語る、武器としての知財の使い方―『知財スペシャリストが伝授する交渉術 喧嘩の作法』【知財書籍紹介】

2018-06-12

今回は知的財産に関する書籍のなかから、ホンダで初代・知的財産部長を務めた久慈直登さんの著書を取り上げます。知財担当者だけでなく企業経営者の方々にもおすすめ。

特許無効資料調査のスピードアップとコストダウンを実現する4つの方法

2018-05-31

膨大な時間と費用が掛かってしまうことの多い無効資料調査を効率的に進める4つの方法をご紹介します!

外観的に侵害が立証可能なソフトウェア特許を。とあるゲーム企業の実体験

2018-05-24

あるゲーム企業の知財部の方から聞いた、より良いソフトウェア特許の書き方についてシェアします。

お問い合わせ

特許調査や外国出願権利化サポートに関するお見積のご依頼、
当社の事業内容についてのお問い合わせなどございましたら、
お気軽にご相談ください。

よく読まれている記事

タグ一覧

サイトマップ