catch-img

マイスター・グループのスポンサー車が出走しました ― 鈴鹿サーキットS耐観戦記

突然ですが…

実は私たち、レーシングカーのスポンサーもやっています!

というわけで2019年3月24日(日)、ピレリスーパー耐久シリーズ(通称「S耐」)2019の開幕戦の応援のため、三重県・鈴鹿サーキットまで行ってきました。


私たちマイスター・グループは「Team DreamDrive」様のスポンサーをさせていただいています。

http://www.dreamdrive.me/


車体には「Meister Group」のロゴもしっかり貼られていました


Team DreamDriveのピット裏にはテントが設営されており、チームオーナーによるおもてなしのケータリングが振舞われていました。



あまりにも美味しかったので食べることに夢中になり、2皿目以降の写真を撮り忘れてしまいました…


このお料理、今回は京都のフレンチレストラン「シェモア」のシェフが、現地で調理されたものが提供されました。

https://www.chez-moi.co.jp/



さて、本題の決勝レースの結果は?

予選5位(8チーム中)からのスタートとなりましたが、1回目のピット(整備)作業には良いタイミングで入ることができ、レース前半は一時トップを走っていました。

しかしレース後半はピットタイミングも悪く、結果は残念ながら5位完走でした。


Team DreamDriveのスタッフの皆様、お疲れ様でした。

第2戦のスポーツランドSUGOでは優勝を期待しております!


鈴鹿サーキットのピット内など、普段は入れないような場所も見学することができました


ロジック・マイスター 編集部

ロジック・マイスター 編集部

ロジック・マイスター編集メンバーが、特許・知的財産に関わる皆様のために様々な切り口からお役立ち情報を紹介します!

こちらの記事もおすすめ

中間処理はメンテナンスの良い機会 ― 特許価値向上のために

2021-04-27

自社知財の価値を高めていくために特許のメンテナンスを定期的に実施するための1つの方法として、中間処理のタイミングを活用することをご提案します。

中国で商標を勝手に取られてるかも…!?冒認出願の実態とその対策

2021-01-22

近年、中国において第三者が商標を無断で出願・登録する行為(冒認出願)が多発し、その被害が拡大していることはご存知でしょうか。その実態と対策をご紹介します。

2020年、米国101条拒絶率は低下傾向に【ソフトウェア特許】

2020-09-25

USPTOが2020年4月に公表したレポートによれば、Alice判決の影響を受けている技術分野において、最初の拒絶理由通知(ファーストOA)で「101条拒絶」を受ける割合が、近年は低下傾向にあることがわかりました。

簡単にできる!中国で商標検索してみた結果

2020-06-24

今回は、弊社の商標である「ロジック・マイスター」に類似する商標を検索することを通して、中国商標の検索方法をご紹介したいと思います。

欧州特許庁、「AIは発明者になれない」と判断!

2020-01-08

欧州特許庁(EPO)は2019年12月20日付のプレスリリースで、機械(AI)を発明者として出願された2件の特許出願を却下したと発表しました。

お問い合わせ

特許調査や外国出願権利化サポートに関するお見積のご依頼、
当社の事業内容についてのお問い合わせなどございましたら、
お気軽にご相談ください。

新着記事

よく読まれている記事

タグ一覧

サイトマップ