Original

中国・広州のベンチャー企業を訪問しました!

2018年12月19日~23日、中国 SBZL(商专)知的財産代理事務所のお招きで、中国広東省・広州市へと行ってきました!

今回は特許調査に関するセミナーに登壇させていただいたり、新進気鋭のベンチャー企業を訪問させていただいたりと、もりだくさんの広州訪問となりました。

今回訪問させていただいた、技術力とアイデアで勝負をかける中国企業の取り組みについても紹介していきます。


SBZL事務所 広州ブランチが入居しているオフィス

広州ブランチの皆様(写真奥側)

写真左から范 弁護士、李 弁理士、靳 弁理士(日本担当)


特許調査セミナー


日本における特許調査の歴史や、特許調査を行うことにより得られるメリット、実務に役立つ実践的な調査方法などについて、過去の具体的な事例なども交えながらお話する機会をいただきました。

当日は参加者が50名近くにものぼり、広州でも確実に特許・知財に対する関心が高まっていることが実感されました。


​​​​​​​


广州市迪美美容科技有限公司 (dimei)

企業HP(英語): http://dimyth.com/


セミナーに続いて私たちは、知的財産の保護・活用に積極的な広州のベンチャー企業を訪問しました。

最初に、美容機器メーカー「迪美」に訪問しました。

針を使わず浸透圧によって美容成分を肌に注入する機器など、高品質かつ低価格な美容機器製品を自社ブランドで市場に送り出している企業です。

2007年創業ということでまだ若い会社ですが、すでに経営理念を掲げて社内でも共有されており、しっかりした会社だという印象を受けました。


社内に美容機器のテスト室も


廣州普琳印刷制品有限公司 (PULLINE)

企業HP(中国語): https://pulin888.1688.com/


続いて向かったのは、ラベル製造メーカーの「普琳」です。

こちらでは主に製品説明用のラベルを作っていますが、この企業の技術によって折りたたまれた状態で作られているので、少ないスペースでも詳しい説明文を記載できるようになっているという特徴があります。

すでに様々な業種で大手メーカーと契約を結んでおり、家具メーカーのIKEAや自動車用オイルのMobilなどの商品にも、普琳のラベルが採用されています。

また製造ラインはほとんど自動化されていて、製造機械の調整のほかはほとんど工場にも人を置いていないということでした。



广州甩手电子商务有限公司


企業HP: http://www.ssintell.cn/


最後に、「甩手电子」という企業を訪問しました。

ここでは「スマートロッカー」と呼ばれる、新しいコンセプトのロッカーを開発し販売しています。

硬貨も物理的な鍵も不要で、QRコードを使ってロッカーの予約から利用料金の決済まで、すべてスマートフォンだけで利用できるのです。

すでに中国では広州市をはじめ全国各地のショッピングセンターや観光地への設置が進んでいるほか、日本進出も計画しているそうです。

特に東京・大阪などではコインロッカーの空きがない状況も目立ちますので、荷物が大きくなりがちな観光客の方々には重宝しそうですね。


スマートロッカーのデモ筐体

なぜか会議室に置かれている自動卓球台


中国に広まる「シェアバッテリー」

今回の広州訪問では、先進的なテクノロジーが日本以上に一般に普及していることを実感する機会が多々ありました。

その一例がモバイルバッテリーのシェアサービスです。

まだ日本ではほとんど見かけませんが、中国では2016年頃からスタートしたようで、商業ビルの入り口やレストラン、カラオケ店といった都市の至るところに設置されているのを見かけました。

これらもスマホで完結できるようになっていますが、料金はアリペイ(支付宝)やウィーチャットペイ(微信支付)で支払う必要があります。

残念ながらアリペイ等を使うには中国国内の銀行口座を開設しなければならないので、私たちのような外国人にとっては、まだこういったサービスを利用するハードルは高いのが実情です。



カフェに置かれていたシェアバッテリー「小电」


私たちロジック・マイスターは今後も、中国をはじめ世界各国の知財情報を収集・発信していきます。

本記事に登場した企業・事務所についてより詳しく知りたい方は、ぜひお気軽に弊社までお問い合わせください。


協力:北京商专永信知识产权代理事务所(SBZL IP LAW FIRM)


こちらの記事もおすすめ

中国・広州のベンチャー企業を訪問しました!

2019-01-16

2018年12月に広州市を訪問しました。技術力とアイデアで勝負するベンチャー企業を紹介します!

貿易戦争と特許 ― アメリカVS日本、そして中国

2018-11-20

アメリカと中国が対立を深め、「米中貿易戦争」が勃発しています。貿易摩擦が特許・知的財産政策にもたらす影響を、当時の事件もふまえながら紹介していきます。

特許情報フェア&コンファレンス2018 出展しました!

2018-11-14

2018年11月7日(水)~9日(金)、特許情報フェア&コンファレンス2018にロジック・マイスターが出展しました。

南アフリカの知財制度の最新情報―David Cochrane弁護士

2018-10-26

2018年10月25日(木)、南アフリカから来日されているSpoor&Fisher事務所のDavid Cochrane(デビッド・コクラン)弁護士にご来社いただきました!

データ構造特許の審査基準 ―ハンドブック・拒絶理由通知・意見書の事例から

2018-10-19

いわゆるソフトウエア特許の類型のひとつに、「データ構造」に関する特許があります。注目すべき理由、そしてデータ構造特許がどのような特許であるか、詳細をご説明します。

お問い合わせ

特許調査や外国出願権利化サポートに関するお見積のご依頼、
当社の事業内容についてのお問い合わせなどございましたら、
お気軽にご相談ください。

よく読まれている記事

タグ一覧

サイトマップ