Original

特許調査とは?特許担当者なら押さえておきたい3つの基本事項をおさらい

知的財産部門に配属され、特許担当者として仕事をすることになれば、避けては通れないのが「特許調査」という業務です。

しかし特許を調べるとはいったものの、実際にはどんなことをすればよいのでしょうか?

ここでは、特許調査というものにはじめて触れる方にも頭に入れていただきたい、基本的な情報をおさらいしていきます。

特許調査の目的:なんのために行うのか?

そもそも、特許調査とはなんのために行うものなのでしょうか。

この部分を先に明確にしておくことは、非常に重要です。目的を見失ったままで闇雲に調査に取り掛かってしまうと、よい結果は得られなくなります。

特許調査にはその調査案件ごとに様々な目的があるはずですが、どんな調査であっても次のどちらかの大きな目的を有しているのではないでしょうか。

・自社の事業に活かすことのできる有益な情報を入手するため
・自社にとって障害となる可能性のある特許の存在を把握するため

前者は、たとえば自社でより強力な特許を取ることができるか検討するとき、あるいは自社がこれから力を入れるべき事業分野を決定するときに必要な情報をこれまでに公開されている特許情報から得たい、という場合です。

一方で、将来自社のビジネスを発展させていこうとしたときに、その邪魔になるような特許をすでに他社が持っているかもしれません。そういった情報をあらかじめ把握しておくことも大変有意義です。

特許調査を正しく行えば、上のような目的が達成できるというわけで、特許情報にはそれだけの価値が詰まっているといえるでしょう。

特許調査の種類:4つの基本的パターン

特許調査はその調査対象と目的によって、主に4つの種類に分けることができます。

1.出願前調査

自分たちが行なった発明について、特許として出願するかどうかや出願内容を検討する際に行う調査です。

その発明と同じようなアイデアが先に出願・登録されていないかを調査します。先行技術調査という呼び方もありますね。

2.侵害予防調査

自社で開発中、あるいはすでに販売している商品が他社の特許を侵害する可能性がないかを確かめる調査で、クリアランス調査などとも呼ばれます。

ライバル企業の持っている特許の請求項に書かれた内容をそっくりそのまま自社製品に搭載してしまう、というようなトラブルが起こるリスクをなくすために、製品開発プロセスのなかで行われることの多い調査です。

3.無効資料調査

自社の製造販売した商品が、他社の特許権を侵害していることを警告されてしまった場合は、いったいどうすれば良いのでしょうか?

考えられる手段はいくつかありますが、そのうちの1つは無効審判請求などを行うことで対象特許を無効にしてしまうことです。

無効資料調査とは、特許を無効化するための資料を探し出す調査です。

対象特許が審査された時点では見過ごされていた、新規性・進歩性などを否定するような先行技術(特許文献だけでなく、学術論文や技報、雑誌などの「非特許文献」も資料になります)が発見されれば、これが特許を無効にする材料となります。

無効資料調査の具体的な方法については、以下の記事も参考になると思いますので、ぜひあわせてご覧ください!

特許無効資料調査のスピードアップとコストダウンを実現する4つの方法

4.SDI調査

毎週発行される特許文献を継続的に収集し、特定領域に関する情報を定期的に入手するような調査は、SDI(selective dissemination of information、情報の選択的提供)調査と呼ばれます。これは他の調査と少し毛色が違います。

関心ある分野の最新技術動向や、競合他社がどんな研究開発に注力しているかなどを定期的にチェックしておきたい、というときに役立つものです。

特許調査の方法:どのようにして行うのか?

それでは、具体的にどうやって特許調査が進むのかを見ていきましょう。
調査業務そのものはいたってシンプルです。

1.調査対象を決める

前述の調査種類もふまえ、まずは「どんな目的でどういった分野の特許を調査するのか」を決定します。

2.検索式を作成する

毎年、世界全体で300万件以上の特許が出願されていて、日本での出願だけに限っても30万件超となっています。

こうした出願によって公開される公報のなかから、目あての情報が書かれたものを探し出してくるのが特許調査という業務の基本になります。

当たり前ですが、世界中に大量に(たとえば、WIPO・世界知的所有権機関の特許検索システムPATENT SCOPEでは約70億件が検索可能とされています)存在する特許文献を、1件1件しらみつぶしにチェックしていくわけにはいきません。

そこで、調査対象と関連性の高い特許文献だけを効率よく取り出して中身を確認することができるように、「検索式」を作成します。

検索式を作るときには、IPC(国際分類)やFターム・FIといった分類記号を使うほか、必要に応じてキーワードも組み合わせ、特許検索データベースに入力します。

この結果のなかに必要な特許文献が入ってくるように、いろいろと検索条件を変えて試しながら絞り込んでいきます。

3.検索結果を精査する

そして、出てきた1つ1つの特許文献を読み込んでいき、調査目的を達成するために必要な情報を抽出できたら完了です。




ちなみにご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、1990年代ごろまでは、特許調査は公報などの文献を手めくりで行っていました。

当時、調査の舞台は国立国会図書館と、大阪府立夕陽丘図書館(平成8年に閉館)でした。

図面が畳み込まれているものはいちいち開く必要があり、とても手間が掛かっていました。

古い書籍の匂いの中、何百冊という正本された特許公報を、指サックをつけた特許調査員が黙々と手めくりしていたものだった、と当社代表は回想しています。

そんな時代を経て、2000年ごろからPCの普及に伴い、国内外で様々な特許データベースが構築され安価に提供されるようになりました。

現在の特許調査では、データベースをいかに効率よく使いこなすかということに焦点が移り、AIなども活用した高度な検索技術が登場してきています。

まとめ

以上、特許調査にはじめて関わる方に知っておいてほしい情報を簡潔にまとめました。

これから特許調査業務に挑戦する、という方にもぜひご参考にしていただければと思います!

ロジック・マイスター 編集部

ロジック・マイスター 編集部

ロジック・マイスター編集メンバーが、特許・知的財産に関わる皆様のために様々な切り口からお役立ち情報を紹介します!

こちらの記事もおすすめ

AIで特許明細書を自動作成できるツール「Specifio」を使ってみた

2018-07-19

知財・特許業界においても、AIの利用可能性が取りざたされており、皆様の多くも関心を持たれている領域なのではないかと推測します。そんななかで、今回は2017年にリリースされたアメリカの特許出願書類自動作成ツール「Specifio」をご紹介したいと思います。当社出願を使ってのデモも行いましたので、ぜひ結果をご覧ください!

【事例あり】PPH(特許審査ハイウェイ)で外国出願するメリット・デメリットとは?

2018-06-29

複数の国で特許出願するPPH(特許審査ハイウェイ)という制度について、概要やメリット・デメリット、さらに「実際のところどれくらい役に立つのか?」をお伝えしていきます!

ホンダ初代知的財産部長が語る、武器としての知財の使い方―『知財スペシャリストが伝授する交渉術 喧嘩の作法』【知財書籍紹介】

2018-06-12

今回は知的財産に関する書籍のなかから、ホンダで初代・知的財産部長を務めた久慈直登さんの著書を取り上げます。知財担当者だけでなく企業経営者の方々にもおすすめ。

特許無効資料調査のスピードアップとコストダウンを実現する4つの方法

2018-05-31

膨大な時間と費用が掛かってしまうことの多い無効資料調査を効率的に進める4つの方法をご紹介します!

外観的に侵害が立証可能なソフトウェア特許を。とあるゲーム企業の実体験

2018-05-24

あるゲーム企業の知財部の方から聞いた、より良いソフトウェア特許の書き方についてシェアします。

お問い合わせ

特許調査や外国出願権利化サポートに関するお見積のご依頼、
当社の事業内容についてのお問い合わせなどございましたら、
お気軽にご相談ください。

よく読まれている記事

タグ一覧

サイトマップ