Original

特許調査とは?特許担当者なら押さえておきたい3つの基本事項をおさらい

知的財産部門に配属され、特許担当者として仕事をすることになれば、避けては通れないのが「特許調査」という業務です。
しかし特許を調べるとはいったものの、実際にはどんなことをすればよいのでしょうか?

ここでは、特許調査というものにはじめて触れる方にも頭に入れていただきたい、基本的な情報をおさらいしていきます。

特許調査の目的:なんのために行うのか?

そもそも、特許調査とはなんのために行うものなのでしょうか。

この部分を先に明確にしておくことは、非常に重要です。
目的を見失ったままで闇雲に調査に取り掛かってしまうと、よい結果は得られなくなります。

特許調査にはその調査案件ごとに様々な目的があるはずですが、どんな調査であっても次のどちらかの大きな目的を有しているのではないでしょうか。

・自社の事業に活かすことのできる有益な情報を入手するため
・自社にとって障害となる可能性のある特許の存在を把握するため


前者は、たとえば自社でより強力な特許を取ることができるか検討するとき、あるいは自社がこれから力を入れるべき事業分野を決定するときに必要な情報をこれまでに公開されている特許情報から得たい、という場合です。

一方で、将来自社のビジネスを発展させていこうとしたときに、その邪魔になるような特許をすでに他社が持っているかもしれません。
そういった情報をあらかじめ把握しておくことも大変有意義です。

特許調査を正しく行えば、上のような目的が達成できるというわけです。
特許情報には、それだけの価値が詰まっているといえるでしょう。

特許調査の種類:4つの基本的パターン

特許調査はその調査対象と目的によって、主に4つの種類に分けることができます。

1.出願前調査

自分たちが行なった発明について、特許として出願するかどうかや出願内容を検討する際に行う調査です。
その発明と同じようなアイデアが先に出願・登録されていないかを調査します。
先行技術調査という呼び方もありますね。

2.侵害予防調査

自社で開発中、あるいはすでに販売している商品が他社の特許を侵害する可能性がないかを確かめる調査で、クリアランス調査などとも呼ばれます。

3.無効資料調査

自社商品が他社の特許権を侵害していることを警告されてしまった場合は、いったいどうすれば良いのでしょうか?
考えられる手段の1つに、その特許を無効にしてしまうというものがあります。
無効資料調査とは、対象特許がどうやって特許になったのかという審査経過などもチェックし、無効化のための材料を提供するものになります。

4.SDI調査

毎週発行される特許文献を継続的に収集し、特定領域に関する情報を定期的に入手する調査スタイルは、SDI(selective dissemination of information、情報の選択的提供)調査と呼ばれます。
これは他の調査と少し毛色が違いますね。
関心ある分野の最新技術動向や、競合他社がどんな研究開発に注力しているかなどを常にチェックしておきたいというときに役立ちます。

特許調査の方法:どのようにして行うのか?

それでは、具体的にどうやって特許調査が進むのかを見ていきましょう。
調査業務そのものはいたってシンプルです。

1.調査対象を決める

前述の調査種類もふまえ、どんな目的でどういった分野の特許を調査するかを決定します。

2.検索式を作成する

毎年日本だけでも30万件を超える数が発行される公報をしらみつぶしに見ていくのは事実上不可能なので、調査対象と関連性の高い特許文献だけを検索するための検索式を作成します。

検索式を作るときには、IPC(国際分類)やFターム・FIといった分類記号と、必要に応じてキーワードも組み合わせながら、ヌケモレなくかつ無関係な特許が多くなり過ぎないように絞り込んでいきます。

3.検索結果を精査する

そして、出てきた1つ1つの特許文献を読み込んでいき、調査目的を達成するために必要な情報を抽出できたら完了です。

ちなみにご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、今から30年ほど前は、特許調査は公報などの文献を手めくりで行っていました。

当時、調査の舞台は国立国会図書館と、大阪府立夕陽丘図書館(平成8年に閉館)でした。
図面が畳み込まれているものはいちいち開く必要があり、とても手間が掛かっていました。
古い書籍の匂いの中、何百冊という正本された特許公報を、指サックをつけた特許調査員が黙々と手めくりしていたものだった、と当社代表は回想しています。

そんな時代を経て、2000年ごろからPCの普及に伴い、国内外で様々な特許データベースが構築され安価に提供されるようになりました。

現在の特許調査では、データベースをいかに効率よく使いこなすかということに焦点が移り、AIなども活用した高度な検索技術が登場してきています。

まとめ

以上、特許調査についてはじめに知っておいてほしい情報を簡潔にまとめました。
これから特許調査業務に挑戦する、という方にもぜひ参考にしていただければと思います!

ロジック・マイスター 編集部

ロジック・マイスター 編集部

ロジック・マイスター編集メンバーが、特許・知的財産に関わる皆様のために様々な切り口からお役立ち情報を紹介します!

こちらの記事もおすすめ

外観的に侵害が立証可能なソフトウェア特許を。とあるゲーム企業の実体験

2018-05-24

あるゲーム企業の知財部の方から聞いた、より良いソフトウェア特許の書き方についてシェアします。

経営者必見!ベンチャー企業ならではの特許・知財戦略事例集【特許庁HP】

2018-05-10

特許庁が知財戦略推進事業の一環として、近年成長を遂げているベンチャー企業の知的財産戦略を紹介する資料、「国内外ベンチャー企業の知的財産戦略事例集“IP Strategies for Startups”」を公表しました。 ベンチャー企業の経営者クラスや、事業戦略の責任者の皆様に読まれるべき資料です。

ソニー二審で敗訴、西電捷通の特許権侵害を認定【中国訴訟情報】

2018-05-08

2018年3月28日、西安西電捷通無線ネットワーク通信(IWNCOMM)が、WAPI発明に関する特許権侵害を理由に、ソニーモバイルコミュニケーションズ(中国)有限会社を提訴した案件の二審判決が下された。

最先端を走る中国ベンチャー企業群を訪問しました!

2018-05-07

さる4月22日~27日、SBZL IP LAW FIRM(北京商专永信知识产权代理事务所)の靳満堂先生のお招きにより、中国のベンチャー企業を訪問させていただきました!

ひと目でわかる!米国特許年金の金額・期限【2018年最新版】

2018-05-02

特許権を取得した後、権利維持のために支払う必要がある特許年金。 米国における特許年金制度は、日本と異なっている点も多いことをご存知でしょうか。 2018年に入って各種庁費用の改定が行われたこともあり、現状の制度を確認していきます。

お問い合わせ

特許調査や外国出願権利化サポートに関するお見積のご依頼、
当社の事業内容についてのお問い合わせなどございましたら、
お気軽にご相談ください。

よく読まれている記事

タグ一覧

サイトマップ

この内容で送信します。よろしいですか?