catch-img

南アフリカの知財制度の最新情報―David Cochrane弁護士

2018年10月25日(木)、南アフリカから来日されているSpoor&Fisher事務所のDavid Cochrane(デビッド・コクラン)弁護士にご来社いただきました!



Spoor & Fisherについて

Spoor & Fisherは、南アフリカ共和国の首都プレトリアを本拠地として南アフリカの4大知的財産弁護士事務所のひとつです。

それだけではなく広大なアフリカの各国にも拠点を持っており、アフリカ大陸全体で見ても最も大規模な知財事務所のひとつであるということです。

Spoor & FisherはARIPO(アフリカ広域知的財産機関。英語圏)やOAPI(アフリカ知的財産期間。フランス語圏)加盟国をはじめ、知財制度を有するアフリカの多くの国で代理人として活動しています。


その中でもCochraneさんは知財弁護士として20年以上のキャリアを持ち、製薬、化学、バイオといった分野の出願を主に担当している弁護士です。

また日本をはじめとするアジア各国にも、南アフリカに進出しているクライアントが多数いるということで、Cochraneさんは2年に1度のペースで来日しているそうです。


南アフリカの知財の現状

南アフリカでは2018年現在、特許審査は形式審査のみで、実体審査は行われていません。よってその有効性は、裁判所でのみ争われることになっています。

ただ、2020年か21年をめどに南アフリカ知的財産庁でも実体審査を開始するという目標が政府によって掲げられており、日本の特許庁審査官も招いて審査官の養成に取り組んでいるところだそうです。

南アフリカは、アフリカ諸国のなかでは最も多くの特許出願があるとCochraneさんは紹介していましたが、その南アフリカであってもまだまだ知財保護制度は未整備の部分も大きいという現状が示されました。

それでも日本企業がアフリカ諸国の中で最も多く進出しているのは南アフリカであり(参照:アフリカビジネスに関わる日本企業リスト2017年版)、アフリカ随一の経済力を持つ国であることは事実でしょう。

南アフリカ、さらにはアフリカ全体の知財制度の現状について知ることができ、大変貴重な機会となりました。



南アフリカでの特許・商標等の知財保護にご興味のある方は、ぜひお気軽に当社までお問い合わせください。


Spoor & Fisher

David Cochrane 弁護士

ロジック・マイスター 編集部

ロジック・マイスター 編集部

ロジック・マイスター編集メンバーが、特許・知的財産に関わる皆様のために様々な切り口からお役立ち情報を紹介します!

お問い合わせ

特許調査や外国出願権利化サポートに関するお見積のご依頼、
当社の事業内容についてのお問い合わせなどございましたら、
お気軽にご相談ください。

こちらの記事もおすすめ

【1時間2,000ドル!?】米国の特許弁護士、費用相場はいくらなのか?

米国

2019-06-18更新: 2019-11-15

とにかく高いと言われる米国の弁護士費用について、タイムチャージに着目して調べてみました。

米国・ドイツ特許弁護士に聞く、世界一詳しいソフトウェア特許の取り方

米国

2018-04-13更新: 2019-10-07

「ソフトウェア特許の権利化、諦めていませんか?海外代理人が教える、今こそ見直したいIoT時代のソフトウェア特許戦略」と題してセミナーを開催しました。 米国とドイツの特許弁護士がソフトウェア特許の審査基準を中心に、最新情報を共有しました。

テキサスの敏腕弁護士が語る!米国特許弁護士の賢い使い方

米国

2018-04-20更新: 2019-10-07

4月17日、米国特許弁護士であるアンドリュー・ウィーバー弁護士の来日にあわせ、当社で「米国特許弁護士の賢い使い方」と題したセミナーを企画しました。 日本企業が優秀な米国弁護士を選び、かしこく利用するためのアドバイスを聞くことができたので、その様子をレポートします!

新着記事

よく読まれている記事

タグ一覧

サイトマップ