ロジック・マイスターについて

About Us

会社方針

当社は、産業財産権に関する実務家集団として、権利の保護・活用を中心とした「質の高いサービス」を提供いたします。

代表取締役メッセージ

代表取締役 松本美司

株式会社ロジック・マイスターは特許調査会社として2001年にスタートいたしました。

会社設立の経緯

当社の創業メンバーは企業経験者と特許事務所経験者で構成されており、
日本知的財産協会や発明協会等の理事やメンバーを通じて、様々な業種に携わっている方との横のつながりがありました。
異業種の方々との意見交換や交流で、次のような話題をよく耳にしました。
「商品が売れれば売れるほどに特許問題が発生し、知財部がないために、総務部や技術担当が特許担当にさせられてしまい、困っている。」「弁護士や弁理士の先生には、法的なことは相談できても、企業内の調整のアドバイスまではなかなかお願いできない。知財と企業のことを理解しアドバイスいただける方はいないだろうか。」
また、知財の問題が多い時期は知財スタッフも充実させていた企業も、属する分野の技術が成熟し、
出願件数も減少していくと、知財部を縮小するということがあります。

その結果、費用対効果に鑑みた出願の可否の判断が甘くなり、やみくもに出願を行ったり、
技術の理解の伝承が十分に行われずに、必要な技術分野の出願ができなかったり、という話も聞きました。
必要な時に依頼できる、即戦力となるスタッフが外部にいれば、利便性が高いのではないか、
それを特許調査という方向から役に立てることができるのではないか、そのような思いから、創業に至りました。
創業以来、例えば、社内技術者への直接のヒアリングに基づく特許調査内容の提案から始まり、
外国出願の現地代理人との関係構築を含む、国内外特許出願体制構築のアドバイスまで、
必要に応じて弁理士とも連携しながら、特許調査をベースとしたさまざまな業務を通じて、
企業様のサポートを行うことができました。

当社のセールスポイント

当社は上記の通り、企業知財部・法務部で豊富な経験を積んだスタッフで構成されています。
各種特許調査を始め、これまでの特実意商出願、外国出願、内外訴訟、リエゾン、国内外のライセンス特許交渉などの経験・知識に基づいて、お客様に調査を主体とした知的財産のトータルサポートをいたします。

ISO27001の認証取得

2016年12月には、産業財産を取り扱う企業として、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)に基づき社内体制を整備し、ISO27001の認証を取得いたしました。今後もISMS方針に従った情報の適切な取扱いについて全社員に周知徹底いたします。

特許調査を主体としたトータルサポートは
株式会社ロジック・マイスターにお任せください!

代表取締役  松本 美司